最寄りの駅名、地域名、住所などで検索可能です

政令指定都市: 空港:

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ビジネストリップはネットが使える快適なホテルで

「あなたは出張先にノートパソコンを持って行きますか」という問いに多くの人がイエスと答えるのではないでしょうか。毎日大量に届く電子メールの閲覧はもちろんのこと営業報告や明日の予定の確認など、ビジネスマンには出張先でもパソコンを使うことが求められる時代です。歓楽街に繰り出して明日への鋭気を養うのも大切ですが、溜まった電子メールにさっと目を通し、明日の予定をチェックするには客室でインターネットを快適に使える宿を確保することはもっと大事です。家族旅行にノートパソコンを持ってゆく人は少数だと思いますが、ブロガーの皆さんの中にはスポーツや様々なアクティビティを夜にはブログにアップしたいという方もいらっしゃるでしょう。

ネットが使える快適ホテルでは出張で宿泊する時はネットが使えるのが第一条件というビジネストラベラーの皆さんに向けて客室でインターネットが使える宿泊施設の情報を収集しています。しかし一口で客室でインターネットが使えると言っても接続方法は様々です。ネットが使える快適ホテルが対象としているのは客室でLANあるいは無線LANによるブロードバンド接続でインターネットが使える宿泊施設です。全室対応なのか否か、予約時に申し込みが必要なのか、料金はいくらなのか、利用方法は容易かなど宿泊施設のWebページの内容をもとに、詳細が不明な宿は問い合わせて、できるだけ詳しい情報を提供したいと思います。宿泊した皆さんからのコメントやトラックバックをお待ちしております。リンク切れ等もお知らせいただければ幸いです。

言及リンクのないトラックバックについて:記事にに関連性がない場合削除させていただきます。記事に関連性がある場合はこちらからもトラックバックをお送りします。

責任の放棄:調査,掲載にあたっては細心の注意を払っておりますが,内容についてその一切保証するものではありません。宿泊する際は最新の情報を宿にお問い合せください。

テクノラティプロフィール

アフィリエイトリンクについて:当サイトはじゃらんnetをはじめ、複数のホテル予約サイト等とアフィリエイトによる提携をしており、アフィリエイトリンク(広告リンク)が含まれています。

ネットが使えるホテルを使う。ここがポイント

一概にインターネット対応と言ってもその提供形態は大きく異なります。ネットが使える快適ホテルでは宿泊施設のWebページに掲載されている内容をベースに客室でインターネットが使える宿泊施設を紹介しています。Webページでどの程度情報提供が行われているかも合わせて掲載するので参考にしてください。宿泊施設の運営者の知識レベルには大きな格差がありそれがもとで不確実な記載がされていることがあります。とくに情報が曖昧な場合は宿泊施設のWebページを確認するとともに,事前にメールや電話などで直接宿泊施設に確認することを強くお勧めします。

一般に客室でLAN接続が可能とされる場合机の上にLANケーブルが出ていると思いがちですが、内線電話網を利用している場合は専用の接続装置をフロントで貸し出していることがあります。宿泊施設のWebページで全室対応とされている場合でも注意が必要です。このような場合イベントなどで宿泊施設が満室になると接続装置が不足してしまいます。混雑が予想される場合や到着時刻が遅くなる場合は事前に必ず宿泊施設に確認しましょう。また、LANの接続口のみが用意されている場合もあります。大概はフロントでLANケーブルを借りることができますが、不足する場合もあるので常に1本持参することをお勧めします。

無線LANの場合フロアごとに無線LANのアクセスポイントが設置されているか、小さな宿の場合は1つのアクセスポイントを共用することになります。電波の強さは客室によって異なりますし、利用するノートパソコンによっても異なります。確実性を求めるならば予約時,チェックイン時にリクエストしておきましょう。宿泊施設のWebページで「全館対応」と掲載されている場合でも電波の弱い部屋は必ずあるので事前リクエストをお勧めします。

ホテルで使うインターネット。これを持っていると便利

ホテルでインターネット、快適に使いたいものですが会社や自宅のようになんでも揃っている訳ではありません。そこで旅先に持って行くと便利なものをまとめました。

LANケーブル:全ての宿泊施設でLANケーブルが机の上に出ていていれば良いのですが、壁やデスクトップにLANの接続口だけが用意されていて「ご自由にお使いください」とだけ書かれている宿泊施設も少なくありません。探せばクローゼットやチェストの中に説明書と一緒にLANケーブルが用意されている例もありますが、たいていはフロントで借りることになるでしょう。このような場合数は限られていますし、保証金を要求される場合もあります。2m程度の長さのLANケーブルを常備しておきましょう。巻き取り式の製品や細いものや平たいものなど,コンパクトで邪魔にならないものもあります。

電源増設タップ:ビジネスホテルでは電源コンセントが十分に用意されている場合もありますが、ほとんどの場合は室内に1、2個。複数ある場合でもデスクトップのランプやテレビ用で宿泊客が自由に使えるものは少ないと思います。最近はデジタル機器をたくさん持ち歩くのでノートパソコンで1個、携帯電話で1個、デジタルカメラで1個... 何個電源コンセントがあっても足りないくらいです。そこで増設タップを用意しましょう。

モデムケーブル:インターネット対応の宿泊施設を選べば不要ではないか。もちろん問題なく利用できれば不要ですが大混雑で速度が低下したり、トラブルで利用できない場合も想定しましょう。同様に加入しているインターネットサービスプロバイダーのアクセスポイントリストも用意しておきましょう。

ホテルでインターネット。セキュリティにご用心

ホテルでインターネットを使うとき、インターネット接続を複数の宿泊客で共有していることを忘れてはいけません。アクセスサーバや高機能なスイッチを利用することにより利用客のインターネット接続の秘匿性を保っている宿泊施設がある反面で、他の宿泊客とファイル共有ができてしまうような場合もあります。とくに認証無しの無線LANの場合は手軽に設置できる分、提供者側にセキュリティに対する配慮が欠けていることがあります。こんなときに便利なのがファイアウォール機能です。

LAN接続によるインターネット接続は普段オフィスで使っている設定のままでインターネットを利用できるのが最大のメリットですが、いつものままだとファイル共有でネットワーク上のコンピュータに接続を許可していたり、音楽を共有していることがあるでしょう。中にはWeb共有サービスを利用している人もいると思います。それぞれのサービスをオフにするのは面倒なので、こんな時はファイアウォール機能を用います。Windows XPで標準搭載しているファイアウォール機能は個別の項目のオンオフがしにくいので、市販の統合型のセキュリティソフトに搭載されている機能を用いると良いでしょう。MacユーザはMac OS X標準のファイアウォール機能でも基本的には大丈夫です。今使わないサービスは全て止めるのが基本です。旅先で必要なのはWeb、メール、場合によってはインスタントメッセージでしょうか。

旅先では安全で快適にインターネットを利用しましょう。
ネットが使える快適ホテル
ネットが使える快適ホテルは出張で宿泊する時は客室でインターネットを使えるのが第一条件というビジネストラベラーの皆さんに向けて客室でインターネットが使えるホテルの情報を収集しています。旅先でもブロードバンド、快適な環境で仕事をしましょう。2009年7月現在1700軒超の宿を収録しています。
categories
広告

国内旅行リンク
selected entries
profile
tracking

track feed ネットが使える快適ホテル

RSS feed meter for http://nethotel.jugem.jp/

others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

ネットが使える快適ホテルは出張で宿泊する時は客室でインターネットを使えるのが第一条件というビジネストラベラーの皆さんに向けて客室でインターネットが使えるホテルの情報を収集しています。旅先でもブロードバンド、快適な環境で仕事をしましょう。 ※ご注意※ ネットが使える快適ホテルは作者自身がそれぞれの施設のウェブサイトを確認し、足りない場合は別途施設に問い合わせる等して集めた情報をもとに構成しています。情報の正確性には出来る限りの注意を払っておりますが、調査時期によって情報が陳腐化していることがあります。ネットが使える快適ホテルはの記載内容に誤りがある場合でも、ネットが使える快適ホテルは、それによって生じたいっさいの損害について、保証しません。